10代女子中学生&高校生がハゲる3つの原因とは?自宅の対策法

最近では、中学生や高校生、大学生の薄毛が多いようです。

私も、電車内で制服姿の分け目ハゲの子をよく見かけます。

10代の成長期で薄いのはかなり深刻です。いまから対策を行っていかないと私のようにスカスカになってしまいます。

いったんスカスカになってしまうと、元に戻りません。

だからこそ、気になる程度の薄毛の頃から対策すべきなんです。

10代の中学生・高校生・大学生が分け目ハゲ・薄毛になってしまう原因

原因1 生活習慣

・食生活
・運動不足
・睡眠時間
・生理不順
・スマホゲームのやりすぎ
・肩こり
・SNSのストレス
・2ch(5ch)

最近一番気になるのは、スマホ。

昔は女性の薄毛が少なかったのに、現在非常に増えています。

その原因をわたしは、便利すぎる世の中になったからだとも考えています。

スマホに夢中で夜更かし。LINEやインスタによるストレス、妬み、ひがみ。。。

昔はSNSによるストレスが無かったんです。

現代人の薄毛はネットが原因なのかもしれません。

原因2 身体的なもの

・生まれつき
・遺伝

生まれつきの薄毛かどうかを確認する方法は、昔のアルバムと比べる事。

とにかく、疑われそうな写真を見つけてください。

「確かに幼稚園の時ちょっと薄いかも…」と思ったら、ほぼ生まれつき。

おそらく、髪の毛がかなり少ないタイプの人間で、薄毛を治すというより、薄いその状態が正常ということです。

写真を持って本当に生まれつきかどうか、医者と相談してみるのがいいと思います。

なんらかの提案があるかもしれません。

遺伝については、両親・祖父母に薄毛がいる場合、薄毛の遺伝子を引き継いでいる可能性があります。

ただ、確実に薄毛になるわけではなく、「薄くなりやすい体質」ということ。

体質は変えれませんが、生活習慣を気をつけて予防することで薄毛を阻止することは可能でしょう。

原因3 頭皮環境

・頭皮が赤い
・痒い
・痛い
・ヒリヒリする。

上記のような症状は、脂漏性皮膚炎の可能性があります。

脂漏性皮膚炎で抜け毛が増える可能性は十分にありますので、皮膚科に行ってください。

ニゾラールという薬を貰えば、完治はしませんが良くなるでしょう。

あとは、食生活に気をつけること。

※ニゾラールは医薬品です。市販品ではありません。病院でもらいましょう。

つづいて、対策編です。

対策 家族に内緒にしたい。お金を掛けたくない場合

薄毛を改善するには、お金がどうしてもかかってきます。

正直言って、お金のかからない方法では回復しないと考えたほうが良いです。

どうしてもお金をかけずに育毛をやるというのなら、

睡眠をしっかり取る。

7時間以上は必須。

テスト期間だからといって4時間以下とかはやめる。

3食しっかり取る。

髪の毛は90%以上がタンパク質ででいています。

吸収率を上げるために、ビタミン・ミネラルを一緒に摂る。

ストレスを溜め込まない。

発散できる何かを見つけておく。

考え込まない

ストレスの原因。

ノートに今の気分を書きなぐる、友達に愚痴るなど方法を見つける。

スマホの時間を減らす。

ストレスの原因。

ゲームでクリアできなかったイライラ。

LINEの未読のイライラ。友達の楽しそうなインスタ。

ツイッターでケンカなど。

やめましょう。

SNSはやっていなければストレスにもなりません。

やるからイライラすることがあって、ストレスの原因になる。

運動をする。

なるべく全身運動。

タバコを吸わない

未成年はダメ。

10代から成人になるまで髪の毛は増えますが、タバコを吸えば、髪の毛の成長が止まり、人より少なくなる可能性があります。

成長期の喫煙は絶対ダメ。

飲酒しない

肝臓に負担がかかりすぎるため。

成人になれば臓器の機能が整ってくるので、アルコールを代謝できるようになります。

内蔵は大事。

夜更かししない

「深夜1時、2時に寝てもハゲるわけないし」

と思われるかもしれませんが、ハゲている人の多くは就寝時間が遅い傾向にあります。

ハゲたくないなら遅くても23時には絶対寝ること。

眠く無いのは疲れてないから。運動しましょう。ポケモンGO!

置き換えダイエットをしない

大事な髪の毛の材料を摂取するための1食を、栄養素のないモノで置き換えてはダメ。

食べ過ぎによる肥満もダメですが、きちんと食べましょう。

炭水化物を抜くダイエットをしない

「炭水化物なんて髪の毛に関係ないでしょ」と思われがちですが、炭水化物の摂取量が足りないと、エネルギー源を確保するために、体はたんぱく質を分解しはじめます。

タンパク質は髪の毛の材料です。

ムダにしないように。適度に。

ダイエットは運動にする

運動はダイエットにもなるし、血行促進+成長因子の分泌促進の効果があります。

成長因子とは、成長因子とは、髪の毛を発毛+成長させる信号のこと。薄毛の人はこの信号が少ないので運動することで増やす。

あとは、早く寝付けること。

これで睡眠時間も確保できるし、毛も成長します。10代こそ運動しまくりましょう。やり過ぎによるストレスは逆効果なのでご注意を。

ごく当たり前のことをはじめ、ついついやりがちなことを羅列してみました。

ちょっと抜け毛が気になる程度ならこれで少しはマシになるかと思います。

あとは自己治癒力に任すだけ。

ただし、上記のことを1年以上必ず続けること。

10代から薄毛になってしまうということは、おそらく人より薄毛になりやすい体質なんだと思われます。

薄毛の殆どが生活に関係することなので、気をつけるようにしてください。

一番おすすめな方法。お金はかかるが病院へ行く


男性医師や看護師にマジマジ見られてぶっ倒れそうになりましたが、一番回復が早い方法になります。

10代だと、まだ本格的に薄くは無いはず。

今のうちに行けば昔のようにフサフサな状態に戻るかもしれません。

近所の皮膚科では帰らされる可能性がある

ただし、病院へいっても、「気にしすぎ」と言われる可能性があるかもしれません。

わたしは2件行ったうちの1件がそんな感じでした。最悪でした。

懲りずに、きちんと見てくれる医者を探すしか方法は無いでしょう。

きちんと見てくれるのは、薄毛治療専門のクリニック。

おすすめは、全国41院ある東京ビューティークリニック

▼オススメは東京ビューティークリニック

  1. 月7,000円から手軽に薄毛治療が始められる
  2. 多くの患者様が納得した発毛実感率99.4%
  3. 全国規模の女性専門発毛病院(全国に提携院多数)
  4. 急な引越し、転勤でも、全国どこでも同じ治療が受けられる

皮膚科では取扱のない育毛薬を扱っているので、より専門的な治療が可能です。

関連:東京ビューティークリニックってどんなところ?

お金はかかるが、育毛剤を使用する方法

比較的安いマイナチュレでいいと思います。

ただ、私がオススメするなら、ミューノアージュWアプローチヘアですね。

理由は、マイナチュレより、成分がいいし、薄毛治療も行っている皮膚科医が開発しているからです。

安い育毛剤とちょっと高いけど皮膚科医監修の育毛剤。

選ぶとしたら、どっちでしょう?

確実に皮膚科医ですよね。最先端の薄毛治療法であるHARG療法も行う医師なので、信頼性は抜群!

さらに、マイナチュレには無い、髪の毛の成長を促す作用のある成分が数種類配合されています。

お試しセットも、定期購入も今なら、1000円OFFです。この機会に。

続けてよかった!皮膚科医監修のスペシャルな育毛剤【ミューノアージュWアプローチヘア】
私が現在使用しているMUNOAGE(ミューノアージュ)育毛剤。 かれこれ、数年ほど使用していま...
育毛剤は軽度の薄毛だけ!分け目がかなり見えている薄毛の場合、即専門クリニックへ行ってください!取り返しのつかないことになります!

中学生・高校生・大学生の薄毛まとめ

10代女子で薄毛はかなり珍しく、基本的には薄くはなりません。

生まれつきではない場合、ホルモンバランスの崩れや、生理不順、生活スタイルによって引き起こされると考えられます。

まだ気になる程度の薄毛なら助かる可能性は十分にあります。

生活習慣を正し、きちんと対策することで楽しい20代を迎えられると思います。

逆に放置すると私のようになってしまう可能性があるので、引きこもり・友人との疎遠が確定です。

そうならないように、いますぐ何か対策を行ってください。

かなり薄毛が深刻ならば、まず薄毛専門クリニックへ。

東京ビューティークリニック