分け目が絶望的に薄い女の薄毛改善ブログ。

分け目が薄い女性の為の薄毛改善法や、育毛情報・育毛剤などをまとめています。

湯シャンで薄毛は改善しません!!痒くなるだけだけ!

      2017/06/09

薄毛を治すのならば、頭皮に刺激を与えないのが一番と言われていますよね。

その場合、脱シャンプー法である「湯シャン」が一番良いのですが、人によって実は逆効果の場合があるんです。

体質にもよりますが、ブツブツした頭皮湿疹(頭皮ニキビのように化膿して白くなたり赤く腫れたりすることもある)、フケ、猛烈な痒みなど、頭皮環境を悪化させてしまう可能性があるんです。

湯シャンが引き起こすムズムズとした痒み

湯シャンによって引き起こされる、この痒みは脂漏性皮膚炎によるものと言われています。

脂漏性皮膚炎とは、皮脂を養分にして生きている常在菌、マラセチア真菌によって引き起こされる皮膚炎で、痒みやフケ・頭皮湿疹といった症状を招きます。

最悪の場合、毛包(毛根を包んでいるとても大事な部分)まで影響して、毛髪の弱体化・軟毛化を引き起こしてしまいます。

弱体化・軟毛化とは、細く短い髪の毛しか生やさなくなってしまう状態のこと。その状態が慢性化してしまうと、かなり高い確率で発毛しなくなってしまいます。

ちょっと質問!毛包って?

毛穴の奥の毛根を包んでいる部分です。

通常は、毛を生やすために3本~4本生えるくらいの大きさがありますが、薄毛の人は毛包が小さくなっていて、1本程度しか生えるスペースがありません。

スペースが狭いので髪の毛の毛根が小さいのが特徴。

毛包が変形していたりすると、毛根も形が悪かったり、縮れ毛のように曲がった毛が生えてくる場合もあります。

毛包は、毛穴一つに入る髪の毛の本数も管理しているので、髪の毛を維持するのにとても大事な部分だったんです。

じゃあやっぱり、湯シャンはやらないほうがいい?

頭皮環境によります。

・頭皮が敏感な人
・ニキビのできやすい人(顔・頭皮・体)
・よく頭皮が痒くなる人
・よく頭皮が赤くなる人
・皮脂分泌の多い人

上記のような方々は、湯シャンによって脂漏性皮膚炎を引き起こす可能性があります。

・・・というかほとんどの人が湯シャンはできないと思います。

だってほとんどの人が上記の項目に当てはなりますからね(笑)

つまり、湯シャンは頭皮がいたって健康な人がやるようなことで、頭皮環境の悪い薄毛の人はやらないほうがいいと言うことなんです。


「湯シャンがいいって聞くし・・・」
「頭皮環境が良くなったって人がいるみたいだし・・・」
「薄毛が治ったっていう人もいるみたいだし・・・」

幻想です。やめましょう。

湯シャンで薄毛が治ったって人のビフォーアフター見たことあります?

文章だけで判断すること自体間違ってます。

ベタベタ頭皮を治したいんだけど、湯シャン以外に方法はない??


普通のシャンプーでOKです。

薬局に売っている普通のシャンプーで痒くなったり、湿疹ができたりしなければなんでもOKです。

シャンプーの成分なんて頭皮からは、侵透しませんから、洗浄力の強すぎないものなら何でもいいです。

シャンプーなんて使ってみないと全く分かりませんから。

でも、何を選んだらいいかわからないって人におすすめするなら、安くて洗浄力の優しいミレアムというシャンプーです。

安くて大容量でオススメですよ。美容室専売品ですので薬局には売ってません。

シャンプーよりも、気を付けることは、なんといっても食事です。

食べたものは必ず排出されますから。便であったり、皮脂となり毛穴からであったり。

要は、脂質の多い食事を減らすことなんです。

あとは、ビタミンB群の摂取。ビタミンB群は皮脂量をコントロールする作用があるので、積極的に取り入れましょう。

皮脂量を抑えれば、湯シャンが可能かどうかは分かりません。脂漏性皮膚炎はちょっとしたことですぐ発症します。

一度発症したら二度と治りません。再発を繰り返す最悪な皮膚炎です。

まとめ!

・湯シャンではなく、シャンプーや食事の見直し。
・湯シャンは頭皮環境が健康的で、皮脂量が少ない人がやるもの。
・脂質はおいしいですが、少しづつ減らしていきましょう。

 - 育毛の疑問まとめ, 頭皮トラブル+頭皮改善