分け目が絶望的に薄い女の薄毛改善ブログ。

分け目が薄い女性の為の薄毛改善法や、育毛情報・育毛剤などをまとめています。

ウィッグのメリットとデメリット。人工・人毛の費用

      2017/10/08

女性というのはあまり薄毛にならない傾向にありましたが、最近の女性には薄毛の悩みを抱えている人が増えています。

薄毛は改善できる場合もあれば、なかなか改善できない症状もあり、その薄毛対策の一つにはウィッグを利用するという方法があります。

もしも、自分がウィッグで薄毛をカバーしたいと考えているのであれば、ウィッグのことをよく知ってから購入すべきですね。

ウィッグってどんなものがあるの?

ウィッグの毛の種類

●人毛
●人工毛

ウィッグのベース(頭皮に触れる部分)の種類

●ネットベース…ネット上になった繊維がベース。軽くて耐久性があります。
●スキンベース…皮膚と似たシリコンやポリウレタンなどの樹脂がベース。分け目を隠すのに最適です。
●貼付けベース…薄いネットやスキンでできていて自然な印象のベース。自然ですが通気性はあまりよくありません。

ウィッグのオーダーの種類

●セミオーダー…フルオーダーと既製品の間で初心者でも作りやすい。
●フルオーダー…自分の希望を全て取り入れられる。
●既製品…気軽に選んで購入できる。

ウィッグのメリットとデメリット

人毛ウィッグのメリット

人毛ウィッグのメリットは何と言っても使用している時の外見と手で触った感触がとても自然なことです。
カツラと知られたくない人は多いと思いますが、人毛であれば自毛と馴染みやすいので違和感がありません。
また、パーマやカラーもOK、コテやドライヤーなども自毛と同じ様なアレンジをすることができます。
もちろんシャンプーなどヘアケア製品も普段通りでOKです。

人毛ウィッグのデメリット

メリットの多い人毛ウィッグですが、基本的には価格設定が人工毛に比べると高くなります。
また、ウィッグによって使用されている毛質に差があるので、きちんと選ばないと自毛に合わない場合もあり、
使用することにより経年劣化で色が退色してきます。
アレンジなどは自由ですが、加工されていることもあってスタイリングがあまり長持ちしません。

人工毛ウィッグのメリット

人工毛ウィッグはリーズナブルなものもあり、若い人もよく利用するといこともあって流行デザインなど種類が豊富です。
耐熱の人工毛の場合はコテなどを使用することができ、さらに形状記憶加工になっているのでスタイングが長持ちします。
速乾性があるので汚れた時などにさっと洗えて便利で、色あせの心配はあまりありません。

人工毛ウィッグのデメリット

最近ではかなり人毛に近い高品質な人工毛のウィッグもありますが、中には化学繊維特有の照りがありかつらっぽい印象になります。
静電気が起こりやすいので溶かす場合は専用のブラシを使う必要があります。
自毛の様にパーマやカラーはNG、シャンプーも専用のものでなくてはなりません。

ウィッグの費用

ウィッグの費用は種類によってかなり高低の差があります。

毛の種類による費用の違い

人毛と人工毛では、一般的には人毛の方が高くなり、人工毛が安いウィッグとなっていますが、人工毛であった場合、
専用のシャンプーを使用しなくてはならないなど、ウィッグ以外に費用がかかるので結果的に高くなる場合もあります。

オーダーの種類による費用の違い

フルオーダーは自分だけのウィッグにすることができますが、条件によっては100万円を超えることもあります。
セミオーダーはどこまでオーダーするかで価格が変動し、大体10万円から40万円程度です。
既製品は部分ウィッグなどの3000円くらいの手軽なものから、フルウィッグの15万円くらいの高価なものまであります。

女性用育毛剤ランキング ベスト3

薬用ハリモア

25種類もの天然成分を配合し、業界トップクラスの15種類もの添加物の排除を実現。
頭皮に合わなかったときには30日間であれば、全額返金可能。

一見、頭皮に優しいだけのただの無添加育毛剤に思えますが、全く違います。

発毛にかかせない「成長因子促進成分」をはじめ、抜け毛の原因である「男性ホルモンの抑制作用」のある成分を配合。
人気育毛剤の殆どが、「抜け毛予防だけ」「発毛促進だけ」の育毛剤。でもハリモアは違います。

「脱毛予防+発毛促進」の2つを兼ね備えたスペシャルな育毛剤だったんです。

合わなかったら返金されるし、定期購入(初回は半額)はいつでも解約OK。

ノーリスクな育毛剤なので、絶対に一度は試しておくべき育毛剤ですね。価格も成分も文句なし!

ミューノアージュ

発毛率90%以上を誇るHARG療法を行っている皮膚科医監修のミューノアージュ。
「生える力」に着目した育毛剤で、成長因子に似た作用を持つ成分を配合。

ミューノアージュは1剤30ml・2剤30mlの2本で使用するという大変めずらしい育毛剤。

1剤で成長を促し、2剤で頭皮環境の悪化を防ぎます。

ただ一つ気になるのは、ミューノアージュは発毛促進のみというところ。

5種類の有効成分が配合されていますが、男性ホルモン抑制成分はほぼ無いに等しいのです。

マイナチュレ

安さでNo.1のマイナチュレ育毛剤。
まさかの初回980円ですから、お得感は凄まじいです。さらに、返金保障は太っ腹の180日間。合計で6本まで返金してくれるんです。
中身もなかなかで、配合成分も27種類と豊富。さらには10種類のアミノ酸も配合しています。

ただ、配合成分を見ると「マイナチュレは価格だけなのかな?」と感じてしまうかも。

発毛促進させる成長因子は無く、男性ホルモン抑制成分くらいしか育毛に必須な成分が入っていないんです。

男性ホルモン抑制のみでは、回復はなかなか難しいかと思われます。

 - 薄毛の疑問を解決