分け目が絶望的に薄い女の薄毛改善ブログ。

分け目が薄い女性の為の薄毛改善法や、育毛情報・育毛剤などをまとめています。

タバコは薄毛・ハゲの原因になります!悔やむ前にすぐに禁煙!

      2017/06/09

今、タバコ吸ってます?

もし自分が薄毛を気にしている、もしくは薄毛治療や育毛をやっているのなら、すぐにやめましょう。

すぐには無理かもしれませんが、「タバコが1000円超えたら」とか「そのうち自然にやめるでしょ」なんて言ってると、薄毛はどんどん進行。

というか、これから薄毛になってしまう危険性だってあります。

「あの時やめてれば、少しはましな状態だったのかな?」と悔やむかもしれません。

「吸い続けていたら治る薄毛も治りにくくなる」ということ。

まずは、タバコがどう影響するのかみていきます。

タバコが薄毛を招く理由

煙草は「百害あって一理なし」と言われるほど、ほんとにいいことはありません。まれに、「喫煙所コミュニティー」と言って、喫煙所で仕事に関するいいアイデアが生まれるとか、普段しゃべらない人との関わりがあるとか言われてますが、だからと言って薄毛を悪化させたいですか?と私は思います。

※前職の広告代理店の上司が言ってました。そのお方の頭は、モト冬樹さん並みでした。

1. 血流が悪くなる

喫煙をする事で血流が悪くなります。ニコチンの悪影響を受けて血管収縮が起こります。これでは血の流れは悪くなり体温も下がります。

タバコを一本吸うと皮膚表面の温度は2℃から3℃も低くなると言われています。血液の流れが滞り、毛を生み出す毛母細胞にも血液が届きにくくなってしまいます。これでは髪の毛の成長に欠かせない栄養素や、新鮮な酸素も足りなくなります。

結果として、毛髪は健康的に成長できなくなってしまうのです。

2. ビオチン不足

特に注目すべき事はビオチンの消費。

ビオチンとは、ビタミンB群の、ビタミンB7・ビタミンHとして知られている成分。

ニコチンの代謝のために大量消費されます。不足してしまうと白髪や抜け毛などが起きやすくなります。

関連

・コレ知らなかった!髪に必須な育毛成分ビオチン!

3. 一酸化炭素


また一酸化炭素による影響も無視できません。

タバコを吸うと体内に一酸化炭素が取り入れられます。

一酸化炭素は体内に入ると、へモグロビンと結びつきます。その事でヘモグロビンが酸素を運ぶ事を邪魔してしまうのです。これでは体中で酸欠状態になります。

これが俗にいう、「一酸化炭素中毒」と呼ばれるものです。特にヘビースモーカーのような人はそのリスクがより高くなります。

体に酸素が不足するという事は、頭皮の母毛細胞にも酸素が届けられません。酸素がないと毛母細胞は細胞分裂のスピードが遅くなり、健康な髪の毛が生えてこないのです。

よく聞く、タバコがビタミンCを破壊するってホント?


私は、「破壊」というより、「消費させてしまっている」というのが正しいと思います。

煙草を吸う 
→ ストレス(緊張状態になる) 
→ それを正そうとして、ビタミンCが消費される

といったほうが正しいようです。

タバコ嫌いの医師から言わせれば、ビタミン破壊だ!というらしいですが、ビタミン破壊はちょっと言い過ぎかと思います。(私もタバコは大っ嫌いです)

結局、煙草を吸うとビタミンCは消費されるのですが、ビタミンCっていろんな食べ物に含まれているんです。加工食品に入ってる酸化防止剤とか。

だから、ビタミンCに関してはそこまで気にしなくてもいいと思います。

そんなことより、一番悪影響なのは「血流」


タバコの一番ダメだと思うところは、やはり「血管収縮」「血流低下」です。

ビタミンなどはビタミン剤で補えますが、血流はなかなか難しいです。

慢性的な血行不良になってしまう可能性もあり、頭皮に悪影響を及ぼしてしまいます。

タバコがどうしてもやめられない・・・専門医に相談

病院の中には禁煙外来などを設けている所もあります。

健康保険が使えるので、費用も抑えられます。

ちなみに、喫煙が及ぼす影響には妊娠にも関わります。

タバコが不妊を招く事から婦人科などでも禁煙指導をしている所もあります。

自分だけではやめられないのなら、病院で相談してみるといい解決策があるかもしれません。

 - 育毛の疑問まとめ