分け目が薄い女性のお悩み改善ブログ。私の分け目ハゲ克服法

分け目が薄い女性の為の薄毛改善法や、育毛情報・育毛剤などをまとめています。

女性の頭皮の悩みフケの原因と改善方法

      2017/12/22


女性の頭皮はデリケート。かみにやフケで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。髪や肩にフケがついていると不潔な印象を与えてしまうので気になりますよね。
でも、どうしてフケがでてしまうのでしょうか。また、解決する方法はあるのでしょうか。

フケとは何か?

フケとは角質細胞が剥がれ落ちたものです。通常、頭皮に限らず皮膚は古い細胞がはがれ落ちて新しい細胞が作られています。一定の期間で皮膚が生まれ変わることをターンオーバーといいます。これは自然な現象です。
正常にターンオーバーが行われていれば、はがれ落ちた角質細胞は肉眼ではとらえることができません。しかし、フケとして見えるような大きな角質細胞がはがれおちるのは、ターンオーバーが正常にできていない証拠です。
頭皮は顔の皮膚と一枚でつながっているので、フケが出るようなら顔の皮膚もターンオーバーが正常に行われていなくて、皮膚のトラブルが表れることもあります。

ターンオーバーが乱れる原因

では、頭皮のターンオーバーが正常に行われなくなってしまうのは、何が原因なのでしょうか。

洗い過ぎ

ゴシゴシこすって洗ったり、1日に何度も頭皮を洗っていると、頭皮を傷つけてしまいます。頭皮を傷つけると角質層がはがれ、ターンオーバーが早まってしまいます。すると、未熟な細胞ができて肌表面はゴワゴワした状態になり、水分を保持する機能が低下をして肌の乾燥が進行をします。

シャンプーやパーマ液

シャンプーやパーマ液など頭皮や髪つけるものに含まれる成分が頭皮にダメージを与え、炎症が起こることでターンオーバーが正常にできなくなります。

食生活の乱れ

肌細胞を作るためには、タンパク質、亜鉛、必須脂肪酸、ビタミンAなど、さまざまな栄養素が必要です。必要な栄養素が不足をすると健康な肌細胞を作ることができません。無理なダイエットをしている女性は注意が必要です。

睡眠不足

ターンオーバーは寝ている間に活発になります。午後10時から午前2時まではゴールデンタイムなどいわれていますが、これは寝ている間にターンオーバーが促されることで、健康な皮膚ができるからです。

ストレス

ストレスは自律神経を乱して、ターンオーバーを乱す原因になります。

シャンプーの仕方の見直し

フケを防ぐためにまずやりたいことが、シャンプーの仕方の見直しです。

誤った方法でシャンプーをすると、頭皮を傷つけてターンオーバーが乱れ、フケの原因になります。

フケを洗い流すために。

1日に何度もシャンプーをしたくなりますが、シャンプーをするのは1日1回までにしましょう。

洗い過ぎると頭皮に必要な潤いが奪われてしまい、頭皮の乾燥を進行させてターンオーバーに影響を与えます。

洗うときには、マッサージするように優しくすることがポイントです。

爪を立ててゴシゴシこすると頭皮を傷つけますが、指の腹を使ってマッサージするように洗えば、頭皮への刺激が軽減します。

すすぎは十分に行ってください。

シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しがあると、残った成分が頭皮に刺激を与えて、正常なターンオーバーの妨げになります。

使用するシャンプーも見直してみましょう。

ラウレス硫酸やラウリル硫酸といった高級アルコール系の洗浄成分は、強力な洗浄力を持ち頭皮に刺激を与えたり、必要以上に潤いを奪ってしまいます。

頭皮に優しいと言われているのは、アミノ酸系洗浄成分。

アミノ酸系の洗浄成分は、主にココイル○○、ラウロイル○○などと記載されています。一度表示成分を確認してみましょう。

食生活の見直し

食事が乱れているとターンオーバーに必要な栄養素が不足をしてしまいます。

ターンオーバーを整えてフケを予防するためには、さまざまな栄養素を偏りなく摂ることが大切ですが、女性が意識して摂りたい栄養素はタンパク質です。

ダイエットをしていてカロリーが気になり、肉や魚などタンパク質が多い食品を控えている女性が少なくありません。

人間の体から水分を取り除くと2番目に多いものがタンパク質です。

タンパク質が不足をするとターンオーバーが乱れてしまいます。

良質なタンパク質が含まれている食品は、肉類、魚類、卵、大豆製品、乳製品です。

カロリーが気になる方には、白身魚や大豆製品がおすすめです。大豆には女性ホルモン様作用があるイソフラボンも含まれています。

納豆や豆腐などは調理をせずに食べることができるので、料理が苦手な方や忙しい方にもおすすめです。

 - 育毛の疑問まとめ